大阪で結婚指輪を探す前に読んでおくべきサイトHOME » 知っておきたい結婚指輪の基礎知識 » 何がおすすめ?地金に使う素材

何がおすすめ?地金に使う素材

このページでは、婚約指輪の地金に使う素材として人気のある、プラチナとゴールドについて解説しています。

日本人に人気が高いのはプラチナ素材

婚約指輪をオーダーする上で、地金の素材選びは大事な要素のひとつ。日本人に人気なのはプラチナで、およそ85%がこちらを選んでいるようです。

ただし、最近ではホワイトゴールドやピンクゴールドを選ぶ方も増えており、バリエーションとしてプラチナとゴールドのコンビも人気が高まっています。

ダイヤモンドとの相性で選ぶならプラチナ

プラチナが婚約指輪の素材として人気が高い理由には、指輪のデザインと深い関係があります。

婚約指輪の定番デザインといえば、ダイヤモンドを中石に据える「ソリティアタイプ」ですよね。

ソリティアタイプは、19世紀後半頃からダイヤモンドの美しさがより際立つリングが求められるようになり、6本の小さな爪で支えることであらゆる角度からダイヤに光を取り入れることができるデザインとして生み出されました。

そこで、細く加工できる強靭な素材としてプラチナが採用され、以降多くの方に選ばれるようになったといわれています。

また、メインとなるダイヤモンドをより輝かせる上で銀色のプラチナ素材が最も適しているということ、さらにサビや変色にも強く、耐久性も高いことも、永遠の愛を誓うブライダルジュエリーの素材として人気がある理由といえます。

シンプルにダイヤモンドが目立つ婚約指輪をオーダーしたい方であれば、プラチナを選んでおいて間違いありません。

プラチナ婚約指輪画像 プラチナ婚約指輪画像 プラチナ婚約指輪画像

ゴージャスな印象のゴールド素材は欧米で根強い人気

ゴールドの中で主流なのは、やはりゴージャスな印象を与えるイエローゴールド。特に欧米ではポピュラーな素材として、セレブなどにも根強い人気があります。

ただし、その個性の強さから、白く輝くダイヤモンドの美しさが少々弱まってしまうというデメリットもあるようです。

そんな中で最近人気を集めているのが、ピンクゴールドやホワイトゴールドです。

特にかわいらしさや女性らしい優しさといったイメージを与えるピンクゴールドは人気が高く、プラチナやホワイトゴールドよりも日本人の肌の色にも合っているので、指輪をすることで感じられるごつごつした印象を軽くすることができます。

個性的な婚約指輪をつくりたいという方には、ゴールドを素材に選ぶのもおすすめです。

ゴールド婚約指輪画像 ゴールド婚約指輪画像 ゴールド婚約指輪画像

 

このサイトは個人が情報を集めたデータベースです。最新情報は各ブランドの公式HPでご確認ください。

大阪で結婚指輪を探す前に読んでおくべきサイト