大阪で結婚指輪を探す前に読んでおくべきサイトHOME » 知っておきたい結婚指輪の基礎知識 » 結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪と婚約指輪の違い

こちらのページでは、結婚指輪と婚約指輪の違いについて、それぞれが持つ意味などから調べてまとめています。

婚約指輪と結婚指輪それぞれの意味って?

結婚するまでに買わなければならない指輪は、合計3本あるといわれています。

婚約指輪

婚約指輪(エンゲージリング)は、結婚を決めた証として男性から女性にプレゼントする指輪です。

“最も硬い石”=“固い絆”“永く続く愛”や、“無色透明”=“純真無垢”といった意味を持つことから、 ダイヤモンドを選ぶことが最もポピュラーといわれています。

といっても、特にダイヤモンドでなければいけないということはなく、 真珠やお互いの誕生石を選んだり、なかには宝石を使わないといったこともあるようです。

また、よく「給料の3か月分」と言われるように、婚約指輪は一般的に高価なものが選ばれています。

現在は「総支給額の1~2ヶ月分」程度に予算が下がっているようですが、やはり結婚指輪に比べて高価なことから、普段使いのためではなく、パーティーや他の人の結婚式といった特別な機会に使うといった、その後の目的を考慮の上、デザインを決めることをおすすめします。

婚約指輪を渡すタイミング

最近ではプロポーズの際に差し出すよりも、後日二人で選びに行くケースも増えているようです。

では、プロポーズのタイミングで用意しない場合いつどこで渡すのかというと、特に決まりはないものの、結納や両家の家族が集まる顔合わせ・食事会の際が持っても適しているといわれています。

実施時期の目安は、挙式の約半年前。そこで双方のご家族にお披露目したいと考えるのであれば、その時期に指輪を納品してもらえるようにスケジュールの相談をする必要があります。

結婚指輪

結婚指輪(マリッジリング)とは、夫婦が結婚式で交換するペアリングのこと。

多くの方が結婚後も日常的にはめたまま生活をすることから、予算としては婚約指輪よりも安く、シンプルなデザインを選ぶことが一般的。また、素材はプラチナや金が好まれています。

当然のことながら、左手の薬指に指輪をすることで自分が既婚者であることを知らせる意味を持っています。それと同時に、周りの人にとっても「この人には特定の相手がいる」という判断材料になるといってもよいでしょう。

 

このサイトは個人が情報を集めたデータベースです。最新情報は各ブランドの公式HPでご確認ください。

大阪で結婚指輪を探す前に読んでおくべきサイト